start over 22

くるみぼたん
         written by くるみぼたん








道明寺の専属ナースとしてNYに渡って1週間。
心配していたんだけど、環境の変化と激務がたたって道明寺はやっぱり熱を出してしまった。

本人は大丈夫だって言うけど、ここで無理は禁物。
西田さんに掛け合ってなんとか1時間の休憩をもらえた。


「道明寺、1時間くらい休んでいいって。…あれ、道明寺寝ちゃってる。」


執務室のソファで少し苦しそうに肩で息をしながら眠っている道明寺。


ベッドで眠れば良かったのに…。


仮眠室からブランケットを持ってきて、眠っている道明寺に掛けた。


「もう、無理するから…。」


少し汗をかいて額に張り付いた髪をそっと払った。






15年前、NYに道明寺を迎えに行ったけど、あの時のあたし達には魔女に立ち向かうすべもなく、一緒に帰ることは出来なかった。



もう約束の15年になるよ。



あの時の道明寺は『33歳でババァを退けてCEOになるから、15年かかるが待ってくれ』って言ってた。

なんで15年って思ったけど、道明寺の目が真剣でちゃんとあたし達のことを考えてくれた末の言葉だっだから絶対に信じられると思った。

いつからか、道明寺の活躍はメディアで知ることになり、いつも日本で応援していたんだよ。
そして、33歳で本当に道明寺HDのCEOになったから、びっくりしたもんじゃなかった。




道明寺との恋愛は、大変な事の連続だった。
あいつのお母さんに反対されて、色んな妨害もされた。
諦めようと思ったことは何度もあった。

でもその度に、道明寺はちゃんとあたしの気持ちも聞いてくれ、『おまえが好きだ』とか『絶対に迎えに行くから』とか『待ってて欲しい』とちゃんと言葉にして伝えてくれた。

だから、あたしの道明寺が好きって気持ちもあいつが待っていて欲しいと言ってくれる限りは変わることはなかった。



あ、でもひとつだけ約束を破っちゃったね。
『お見合いなんかするなよ』って言われてたけど、道明寺の婚約のニュースを聞いて、当時の婦長さんの勧めでお見合いして、婚約までしてしまった。

とってもいい人だったんだけどね。
道明寺に出会わなかったら、あたしの理想の結婚相手だったと思うんだ。

土壇場で道明寺がCEOになったニュースを聞き、あの時の『待ってて欲しい』って言われた約束がやっぱり忘れられなくて断っちゃった。





それからしばらくして、突然かかってきたお姉さんからの電話に居てもいられなくなって北海道から東京に何年か振りに戻ってきた。

だって、あたしが看護師になったのだって道明寺が誕生日の時に『好きだって言ってくれたら死んでもいい』なんて言ってたからなんだし、こんな時に側で支えてあげたいって思ったから…。


「ねぇ、あたしは待っててよかったんだよね?」


よっぽど疲れていたのか、熟睡している道明寺に話しかける。




NYに来るのだって本当は悩んだんだよ。
本当にこのまま側にいてもいいのか…ってね。
西田さんに見せられた高級そうなナース服を着てみたかったのも嘘じゃないんだけど、やっぱりまだ側にいたい気持ちがあったから、一緒に行くことに決めたんだ。



「それにしても、太れってありえないんだけどなぁ。」


15年前の道明寺が最後にあたしに言った意味不明な言葉を思い出して、今更ながらに文句を言ってみた。
東京に戻ってきた時は、ちょっとぽっちゃりしてたかもしれないけどさ。
割とすぐ元に戻ったんだよ。


自分は容姿も何もかもの全てが完璧で…あっ、でもちょっと日本語弱かったんだった。

それに、俺様だし、バカだし……

ふふっ、あげてみたら色々あって、そんな彼の事があの頃から好きなんだって思い出した。


「でもやっぱり整い過ぎだよね…」


道明寺の寝顔をソファの前に座って見ていたら、あたしも眠たくなってきて、ちょっとだけならいいかと眠りについた。









***


「あ、起きた?」

俺の目の前にいるのは俺の最愛の女、牧野。


「最近忙しそうだったから、お弁当作って来たらさぁ、西田さんから疲れてダウンしてるって聞いてびっくりしちゃった。」
「あ、ああ。」


目の前にいるのは牧野なんだけど、どこか違和感がある。

あの、西田の準備した変ななんちゃらライダーの秘書の服じゃなく、ちょっと上品そうなワンピースを着ている。


一体どうなってんだ???



いや待てよ。
俺はさっきタイムリープしてNYの別れをやり直して来たはずだ。



・・・って事は、今の俺たちの関係はどうなってんだ?



「ちょっとあったかいお茶淹れてくるね。」
「・・・ああ。」


パタンと執務室の扉が閉まってからハッとした。
身体が重くて頭の回転がすげー遅い。

しかも牧野はすぐに戻ってくるかと思ったのに、なかなか帰ってこねぇ。

20分いや30分ぐらい経ってようやく戻って来た。

「遅くなってごめんね。お茶っ葉が見つけられなくてさ、秘書のキャサリンに聞きに行ったら、仔猫が生まれたって話をしてたから写真見せてもらってたんだ。ついでにうちの子の自慢もして来ちゃった。」


湯気の立っている湯呑みをテーブルに置いて、起きれそう?と聞いてきたので、重い体を起こした。


「熱いから気をつけてね。」


湯呑みを俺に手渡してくれたので、受け取り口をつけた。
ちょうど飲み頃の温度のお茶がスルスルと俺の体の中を温めていった。


「なぁ、牧野。うちの子ってなんだ??」


変な質問をしたはずはねーんだが、ビックリしたような表情をしている。

「どうしたの?」
「何がだよ。」

「牧野って久しぶりに呼ばれたから。」
「牧野は牧野だろっ!」

「えっ、ちょっと大丈夫?熱あるんじゃないの?」


俺の額にそっと手を当てた。


「えっ、やだっ、すごい熱!冷やすもの持ってくるから、ついでにドクター呼んでくるね。」


慌てたように俺の執務室を出ていきパタンど扉が閉まった。



ドクターなんて内線で呼べるだろっ。

だからうちの子って一体どういう事か教えてくれよ!


ドクターと共に戻って来た牧野は、両手に色々と抱えている。


「ほら、ちゃんと先生に診てもらって。」


風邪でもねーんだから、大した事ねーよ。
ドクターの診断も過労からくる熱だから、ゆっくりと休んで下さいと解熱剤を処方していった。


「薬飲んで仮眠室行く?ホントはお邸でゆっくりして欲しいけどそうもいかないんでしょ。」
「ああ、そうする。」

「ゼリーもあるけど少し食べれそう?」
「いや、いらねー。」


牧野から渡された薬を飲んで、仮眠室のベッドに横になった。


「なぁ、牧野。」
「ん?ずっと側にいるから、今は眠って。」


俺の手をそっと握ってくれた牧野の手の温もりに包まれて眠りについた。









司くん、NYのタイムリープから帰ってきたはず…だよね?
二人の関係はどうなってるのかな。
そして『うちの子』って一体??



続きはkoma さんよろしくお願いします(((o(*゚▽゚*)o)))





にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

ランキング参加しております。
頑張れ~!の1クリックをよろしくお願いします(´艸`*)♪


関連記事

コメントの投稿

Secret

代替画像

No title

おはようございます。
ずーっとダウンしてる司って珍しい。初めてじゃないですか?
私が側にいたら、付きっきりで看病してあげるんだけど…
えっ?お呼びでない?怒りで余計に熱が上がる?
はいはい。おばばは、大人しく読者に徹しますです。
「牧野」と呼ばれたつくしの反応。「うちの子」?
まさかまさか、一眠りした後の時間は今までの逆?CEOになって何年後?
まさかまさか…2人が過ごす現在って、どの時代?
考えてると知恵熱が出そうなので止〜めた。
メリーゴーラウンドと言うよりは、ジェットコースターのような2人。でも、漠然とですが、なんか分かるような気もします。
こちらも考えてると知恵熱が出そうなので止〜めて…
お給料貰いに仕事へ行って来ま〜す!
忙しい中の更新、ありがとうございます。
  • |2019.09.25(Wed)
  • |ふぁいてぃ〜んママ
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

おはようございます。

NYでの司くんの言葉はつくしちゃんの心にしっかり刻み込まれていましたね。
途中辛くて心が折れそうになったこともあったでしょうね。
それでも15年待ちました!!
CEOになるってニュースより先に司くんの婚約のニュースを聞いちゃったからつくしちゃんもちょっとショックでお見合いしちゃったんでしょうね!
CEOになるってニュースを聞いたらお見合い相手とは結婚できませんよね!
司くんとの約束がありますもんね。
15年って根拠がどこにあったのか?
今のつくしちゃんにも分からないけど、本当に15年でCEOになって戻ってきましたよね。

その後事件が起こって司くんは大変なことになっちゃったけど、その分つくしちゃんとの再会が早まったから怪我の功名ってことでいいですかね!!

タイムリープによってつくしちゃんへ気持ちを伝え続け、現在に変化をもたらした司くん。
今度のタイムリープは・・・
2人の幸せな未来!?
今度は未来に向かっての準備が始まるのかな?
でも、司くんですからね。
幸せな未来が見えたなら、それ以上につくしちゃんを幸せにするために頑張っちゃいますよね!!

komaさん、2人の幸せな未来に向かって、司くんの背中をグイグイ押していってください(*^_^*)


  • |2019.09.25(Wed)
  • |スリーシスターズ
  • |URL
  • EDIT

代替画像

コメントありがとうございます♪

ふぁいてぃ〜んママ様

同じく私も司くんなら、つきっきりで看病してあげたいです(≧∀≦)
でもきっと、司くんに拒否られちゃいますね(T-T)

ちょっと、つくしちゃんを前面に出したかったので、
司くんには寝ててもらいました(´∀`*)

戻ってきた世界の
「牧野」って呼ばれた時のつくしちゃんの反応、
そして『うちの子』、
沢山のふぁいてぃ〜んママ様の疑問は
きっとkomaさんが解決してくれますよ( ̄∀ ̄)
  • |2019.09.25(Wed)
  • |くるみぼたん
  • |URL
  • EDIT

代替画像

コメントありがとうございます♪

スリーシスターズ様

司くんがNYでやり直してきたことは
ちゃんとつくしちゃんの心の中に残ってました(^-^)v
きっと、とてつもなく長い年月だったと思います。

あの時は何で15年??って思ったつくしちゃんも
約束通り33歳でCEOになった司くんを見れば
揺らいでいた気持ちも戻ってきますよね。

NYでの出来事をタイムリープでやり直してきた司くんの行く末は??
komaさんがきっとステキな方向へ導いてくれるはず(*≧∀≦*)
  • |2019.09.25(Wed)
  • |くるみぼたん
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんばんは!
お話の更新ありがとうございます😊

NYでの過ちを挽回して気持ちをきちんと伝えたら、つくしが15年も待っていてくれたなんて司良かったですね!

うちの子、かなり気になるワードでした!
コメントする前に答え合わせしてきちゃいましたが(笑)

前半のつくし視点と後半の司視点は同じ現実なようで後半は司の夢の中??
  • |2019.09.27(Fri)
  • |kachi
  • |URL
  • EDIT

代替画像

コメントありがとうございます♪

kachi様☆

返信遅くなりました〜(>人<;)

お話が完結したので、色々疑問だったこと解決しましたか?

『うちの子』…
ちょっと無茶ぶりに(komaさんが素敵に応えて下さいました(≧∀≦)
まさかの、どこかで見たことのあるような猫ちゃんでしたね♪

どこが現実で、どこが夢の中か…
わからなくなる程タイムリープしてましたね。
  • |2019.09.29(Sun)
  • |くるみぼたん
  • |URL
  • EDIT

プロフィール

lovetsukoshi

Author:lovetsukoshi
ご訪問ありがとうございます!!

お話をお読みになる前に
【ご挨拶】記事をご一読下さいね


最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

♡ご訪問ありがとうございます♡


現在の閲覧者数:

参加メンバー

 

written by Happyending
 
 

written by つくしんぼ
 
 

written by koma
 
 

written by Aria
 
 

written by くるみぼたん
 
 

written by lemmmon
 

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

CREDIT

top